Home

V65 再生記 <番外の2>モトグッチ95周年

v65_066.jpg
 

今回の工場見学は、入り口から奥をのぞきこむ程度で、以前のように工作機械や製造ラインのあいだを練り歩くようなことはできませんでした。なので画像がほとんどありません。
 
上の画像で空き地の光景は<番外の1>の4枚目の画像の黒いアーチをくぐった先のものです。なにかガランとしたちょっと寂しい光景です。かつてここには旋盤など金属加工機械が並んだ部品工場の建屋がありました。私が2度めにマンデッロを訪れた1996年のモトグッチ・デイで、ここに入ると旋盤の1台にやけに長いカムシャフトがセットされてるのをオーナーズクラブジャパンのメンバーが発見しました。「これはV6のカムじゃ?」と、みんなで覗き込んでいると工場のスタッフがやってきて「マセラーティのカムシャフトだよ・・・」と。「おお〜」マセラーティから委嘱されて造っていたのでしょうか?細かいところはわかりませんでしたが、モトグッチの工業力の幅かくあらん!と背景の想像が膨らむひと幕でした。ですがその建屋もいまはありません。
 
この建屋は2〜3年前でしたか、モトグッチがピアッジオ傘下に入ったあと(正確には当時親会社のアプリリアが破綻してともどもピアッジオ傘下に・・・)壊されました。モトグッチの古い資料には年代ごとに徐々に拡張してゆく本社と工場の平面図(や空撮写真)の比較が載せられています。が、恐らくは合理化の名のもとに、長い歴史の中で初めてなにかが削られたことになります。
それにしてもこの広大な面積の建屋にあった工作機械はピアッジオに移されたのでしょうか?この工程が無くなったことによって相当な人員削減も当然あったことでしょう。


 
v65_067.jpg
 

上の画像は空き地の写る画像の場所から180度振り返ったところです。小さなステージが作られて、音楽など流れていましたがこれといってプログラムの発表もありませんでしたので、その内容はわかりません。また、V7シリーズなど試乗車が並べられ軽食の出店などもありました。いままで工場敷地内にステージや飲食店が置かれたことはなく(いままで、と書きましたが私が最後に行ったのは10年前、2011年のイベントにはとても行く気になれませんでしたのでその年のイベントの様子は知りません)、一方湖岸の街の公園にはいままで同様大きなイベント会場が作られていて・・・・・このあたり、イタリアに来る前から感じていたいままでとは異なる空気を如実にあらわしていたのです。
 
このラドゥーノに参加するには春あたりから宿泊予約するなど準備を始めなくては間に合いません。ちょうどそのころモトグッチのホームページにも日程などアナウンスが載せられるのです。それが今年は特に記載が無く月日が過ぎていました。
V65輸送の手続きの途中で、イタリアの税関から「参加するイベントの資料提出」を要求された(イタリアに輸入したものをそのまま輸出することを証明して非課税にするため)6月も、マンデッロの複数のモトクラブが連名で主催する「インターナショナル・モト・ラドゥーノ チッタ・デッラ・モトグッチ(シティオブモトグッチ)」が発表したプログラムしか見つけられず、やむなくそれを資料として提出したのでした。
 
それが、もうラドゥーノ来月だよ!というタイミングになってようやくOPEN HOUSE(オペンホウセではありません、笑)の案内がモトグッチのホームページに載せられました。チッタデッラモトグッチとオープンハウス、ふ〜ん、なんだかなあ?と思っていたのが、現地に来てみてわかったのでした。
・・・・・いままではモトグッチ社が主催してモトグッチ・ディやGMGという名称で5年おきのアニバーサリーイベントを催してきました。が、今回はマンデッロにある全てのモトクラブが初めて合同で主催する、言うなれば市民が主催するモト・ラドゥーノだったのです。オープンハウスはそれにあわせて工場等を開放した、ということなのでした。
モトグッチ社はイベントに対して力が抜けちゃったのでしょうか?そのゆとりが無いのでしょうか?それとも元締めピアッジオ様が古いモトに乗ってる連中なんか相手にするなと指導してるんでしょうか?(まさか!)
 
今回私がわざわざモト・ラドゥーノ(訳してオートバイの集会・・・・・なんて言うと違う集会を連想しますが・・・)などと日本では聞きなれない言い方を繰り返しているのはこういう経緯があったのです。もっともイタリアのグッチスティはその昔GMGのころからラドゥーノと言ってましたけど。


 
v65_068.jpg
 

また少し、イベントの様子を書きましょう。土曜の夜は9時ころから湖に浮かべたボートから花火を打ち上げていました。日本の花火に慣れた目には小さく控えめな花火でしたがキレイでしたよ!たくさんの酔っぱライダーたちがゆるんだ目を空に向けて花火を楽しみました。
 
市庁舎の前はサーカスのような雰囲気。これはウォール・オブ・デス!あの中をバイクで走り回るのです。モルモットが遊ぶコロコロを横にしたみたいなアレです。常に行列なので見られませんでしたが、ミラノに帰る直前にウォール・オブ・デスのライダーと会いました。「で、モトはなにを使ったの?」「インディアンさ」「あ、そ・・・・・」(笑)
 
この時に機を合わせて発刊された本も売っていました。
GUZZI l'idea che ha cambiato Mandello
グッチ マンデッロに変化をもたらした着想
訳してみるとこういったところでしょうか。モトグッチとマンデッロの深く長いつながりを感じさせずにいられない本です。そしてこれを売ってた売店のおばちゃんが「あなた12月にまた来てね」というのです。「だってこれは1巻よ、第2巻が12月に出るんだから買いに来てね!」なんだそうです・・・・・。無理です。
 
この本にマンデッロの街の名所旧跡のガイドがセットされていました。画像にもあるように街のあちこちに看板もたてられています。靴にからみついた竜のようなのはなんなんだろう?と帰国後に調べてみました。そうしたらマンデッロにもパルチザンの歴史があったのです。登山靴に半ズボンの勇猛な山のパルチザンにからみつく化け物をあらわしていたのでした。
 
1943年9月、イタリア降伏と同盟脱退が露見するとともに侵攻してきたナチス軍への抵抗を宣言したバドーリョ将軍(当時首相、降伏に導いた)に従ったマンデッロの軍人70人、結果捕まってしまうも抵抗を重ね、正規の戦争捕虜として扱われずヨーロッパ各地の収容所で使役にこき使われ厳しい生活条件に耐え、米ソによる解放後もつらい転変の旅を果たして帰国したそうです。


 
v65_069.jpg
 

マンデッロ滞在の最終日には幸運にも市長とお話することができました。なんと28歳(以前は21歳の市長もいたそうです!)のリッカルド・ファソーリ市長、午前中からバールで友達とビール飲んでました(笑)
「実は市で運営するムゼオ(モトグッチ博物館)を作りたいんだ。工場は週末は閉まっちゃうからお客さんが入れないんだよ」と、ちょっとした展望も語ってくれました。言外に「モトグッチのほうの方針はコロコロ変わるからさ、自前で対処できるようにしとかないと」というようなものを感じたのは、私の見方がうがち過ぎましたか?
 
小さな街がモトグッチとともに、というのは初めてここを訪れたときから感じていたことです。街中のショーケースにモトグッチ、店の前にモトグッチ、これらの車輌はモトグッチ社から貸与されたんじゃないんですよ!!みんながモトグッチオーナー。ほんとうにモトグッチに対して誇りを持っています。先のパルチザンの歴史にも感じさせる山の民の気骨が「会社(モトグッチはたまたピアッジオ?)ができないなら俺達がやってやるぜ」と今回の街とクラブの協力によるイベント主催を成功させたのかもしれません。
 
あ、こんなふうに書いてるので、誤解が無いように付け加えておきますが、モトグッチVSマンデッロという構図があるかのように見えますが、心配無用です!!モトグッチの従業員はマンデレージ(マンデッロびと)や周辺の街街の方ですし、街のおじいちゃんもおばあちゃんもみんな昔働いていた・・・・・現在の社員に対して我が孫を見るように優しく、後輩に対するように厳しくも温かく接する方々なのです。
それに私が見てきてこうして書いていることも外見的なものにすぎず、たとえば各イベントの資金の出資元もどうなっているか知らないのですから。


 
v65_070.jpg
 

最後に今回出あった鷲の仲間たち。100周年にも来るんだろ?と皆に念を押されましたが、ハテ?それまでに今回のローンを完済してるものやら?
 
mas

  • -
  • -

V65 再生記 <番外の1>モトグッチ95周年

v65_061.jpg
 

再生記12でモトグッチ95周年イベントに参加と書きましたが、そのレポートです。
 
9月9日金曜日、ラドゥーノ(Raduno=集会)の初日にモトグッチのふるさとマンデッロ・デル・ラーリオ入りして、友人宅で待っていたV65と数ヶ月ぶりの再会。箱から引きずり出して最初にやったのは点火系をチェック(15年前にカリフォルニアをイタリアに送ったときはポイントが錆びて火花が飛ばなかったので・・・)。いい火花が飛んで、安心してガソリンも入れてオールグリーン!
 
友人のご両親が隣のアパルトメントで始めたB&Bにはオランダからのグッチスタが泊まったが、アルプス越えでリアのパッドが擦り減ってしまったらしく交換作業をしていました。
うーむ、備えあれば憂い無しなのですが、ここは鷲の巣マンデッロだから、パーツは容易に手に入るので、まあいいか。
 
でもミンスクからマンデッロを目指してきた友人は(友人?といってもSNSのみで今回初めて会ったのですが・・・)、来る途中のアウトストラーダでオイルが抜けて(!)置いてきたネヴァダを引き上げに戻るため、出会って90秒の邂逅のみで行ってしまいました(笑)。しかも彼のネヴァダは帰り道のポーランドでミッションがぶっ壊れたらしく・・・・・・やはり事前整備は重要なのですな。
 
★動画:ヴァレンナから湖岸を南下、マンデッロデルラーリオに入り、モトグッチ前を通過 
 


 
v65_062.jpg
 

マンデッロ・デル・ラーリオ、街なかは常にモトグッチで溢れる。朝7時から夜10時までモトのサウンドに包まれていた。第二次大戦後から大量に生産され続けた500cc単気筒の荷台付き3輪、エルコーレもお客さんを乗せてそこかしこを走る!素晴らしきトルク!
 
僕はV65を持ち込んでのラドゥーノ参加を見そめられて、ACI(アーチーイー・アウトモービレクラブデイタリア、日本のJAFみたいなものか?)の職員に促されファッショナブル・モト・コンテストに参加させられた・もとい参加させてもらいました。
 
戦前モデルからファルコーネ、ガレット、ディンゴ50、1000SPらとともにピアッツァ・ローマに集合。1台づつ順番に呼ばれてゆく。合図に合わせて斬新なファッションに身を包んだモデルさんと歩調をあわせてレッドカーペットを進む。司会になにやら紹介されてもどうしたらいいのやら・・・・・ともかく日本式に4方に深々とおじぎをして、当惑しながらも、でもたくさんの市民の皆さんの暖かい拍手に包まれた幸せないっときだったのでした。


 
v65_063.jpg
 

上の写真はモトグッチの正面ゲート、ですが今は残念ながらヒストリカル・エントランスというふうに呼ばれています。以前はトレーラーがこの門をぎりぎりで通ってモトグッチを出荷していたものですが(この目で見ました)、現在は奥にある車体組み立て工場のそばに大きなゲートが新設されています。
 
記念写真はファクトリー入り口に設けられたモトグッチワールドクラブのブースに招かれたときのもの。赤いシャツは会長のマリオ・アロージオさん。ワールドクラブ発足当初から会長をつとめられていて、モトグッチの大きな変化の時代にグッチスティをまとめられています。


 
v65_064.jpg
 

モトグッチ工場内では有名なムゼオ(ミュージアム)や風洞実験室などを見学できますが、以前と変わりがなかったのであまりシャッターをきりませんでした。よろしかったらモトグッチオーナーズクラブの過去の記事をご覧いただけたらと思います。
 
工場のことについては次回書こうと思います。


 
v65_065.jpg
 

工場そばのロータリーでは一日中常にモトグッチが旋回していました。常に(笑) ここは地元のクルマも通るところですが、工場の方向へはモトグッチしか入れません。 
 
宿泊は、南はレッコ北はヴァレンナに至るまで湖岸の各街のホテルは満室。市が整備する湖岸の公園がテント村に開放されています。もっとも土曜の深夜になってもまだ到着し続けるグッチスティであふれ、結果あちこちの空き地にもチラホラとテントが立っていました。
 
番外の2へ続きます・・・・・
 
mas

  • -
  • -

V65 再生記 <12>

v65_043.jpg
 

忘れた頃にやって来る「V65再生記」ですが、いよいよ最終回になります。
  
塗装ができあがったタンクにエンブレムを装着。んむむ、何度やっても緊張するところです。そして残った整備箇所や組みつけが終わり、いよいよ登録です。


 
v65_044.jpg
 

今回は「中古新規登録」に加えて、エンジンを載せ換えているので改造の申請「構造変更」も同時にやります。厄介なのはこの申請で、ハンドルバーやカウルを換えて幅や高さが変わるくらいならよいのですが、エンジン載せ換えとなると、申請書類に証明書類も添えて事前審査(書類審査)に出さねばなりません。
 
書類に問題が無ければ、つまり検査官が納得するに足る書類が揃っていれば晴れて実車を持ち込んでの検査と相成るわけです。何も悪いことはしていないのに、待っている間ドキドキするのはなぜでしょう?(笑)


 
199.jpg
 
194.jpg
 
201.jpg
 

そして無事に登録できました。1986年製V65スクランブラー!(嘘)
 
いままで掲載の画像で気づいた方ももしかしたらいらっしゃるかもしれませんが、スクランブラーを作っていました。それも今風ではなくて昔風の。もし「1986年に出たV65のスクランブラーですよ〜」と言ったら知ったかぶりな方が「ああ、そういえばこんなんあったよな」と知ったかぶってしまうような仕上がりを目指しました(笑)
 
だからとっても普通です。ビジネスバイクのような実用性も欲しかったのでしっかりしたキャリアを作ってもらいましたが、キャリアの上にタンデムシートが装着できるようになってますので、一応2人乗りです。前に書いたスタンドの強化もオフロードや山中の野営を想定してのことです。リアホイールを17インチ化しましたが、オフロード向きで今後の供給継続も期待できるタイヤに合わせてのことです。そして塗装色は、そういえば昔あったような?そしてちょっとだけお洒落で、ちょっとは目立って、そして至って普通な・・・・・というところを狙ってみましたがいかがですか?
 
2011年に1400カリフォルニアとV7スクランブラーのプロトタイプが発表されたのがそもそものきっかけで、これ出たら欲しいな!と思ったものの待てど暮らせどスクランブラーが出てこないので自分で作る決心をしたのでしたが、のんびりゆったりな製作途中でまさかのセミアップサイレンサーKITの発売やV7競好肇襯優奪蹐糧売という「仕打ち」まで食らうとは思いませんでした(笑)でも結果的に、ますますブラックボックス化が進む現行車よりV65のほうが私には合っているかもしれません。
 
さて、自分でもビックリするような金額を費やして至って普通なモトを作ってしまったのですが、経費の多くは中身に使ったことなので良しとしましょう。完全に自分の趣味のためにネジ穴の隅々まで自ずから確認できたというのは楽しい経験でした。


 
v65_046.jpg
 

そしてそして、実を言いますとこのV65スクランブラーはイタリアに向けて旅立っています。モトグッチ95周年のイベントに参加するためです。だからこのブログは現実の3ヶ月あとを追いかけていたわけです。
 
15年前にカリフォルニアで80周年モトグッチデイに参加しましたが、それ以来のことになります。まず以前と異なるのは、イタリアに関してはカルネ作成が不要になったようで若干経費は減りましたが、それがためにもしかしたらカルネのころより手続きが増えたんじゃないかと思います。自動車カルネは日本ではJAFが作成します。なのでJAFがさまざまな信用を保証してくれていたのでしょう。今回は「イタリア共和国での身分識別番号を一時的に取得」などという「そんなややこしい手続き必要ですか?」と言いたくなるような申請やら宣誓書やらなんやらたくさん提出しました。とどめにイタリアの税関に5000ユーロ(!!!)の預託金まで収めるはめになりました。私が関税を払わないままイタリアでV65を売り飛ばさないようにです(預託金、返ってきますように・・・笑)
 
もうひとつ15年前と異なるのは、元々乗っていたカリフォルニアではなくて、発送直前ギリギリに車体完成と登録が終わったV65であることでした。箱詰め10日前くらいに外注の塗装・熔接が終了。モトグッチオーナーズクラブの1泊ツーリングをはさんで3晩くらいで残り整備と組み立てを終了。ナンバープレートをもらって店のまわりを10分くらい走っただけでガソリン抜いてバッテリ端子はずして箱詰め業者のもとへ搬送・・・・・・という慌しいものでした。本当の試運転はレッコ湖畔で、ということになってしまいました(笑)
 
ちなみに乗ってすぐわかったのは軽すぎるハンドリングでした。再生記10で書いたようにステアリングヘッド下端からアクスルシャフトセンターまでの長さを545mmと、V65の標準にしておいたのですが、切れ込むというほどではないものの旋回中にフロントだけフワフワとステアしてしまうような落ち着きの無さが気になりまして、15mm長くしたところ収まってくれました。タイヤサイズも変わりましたし、あの小さな車体に大柄な私がシート後ろのほうにドッカリ座るので、そんなところかな?と思います。ともあれすんなりまとまって良かったです。
 
というところで、V65再生記はひとまず終了とさせていただきます。続いてイタリアツーリング記が書ければと思いますが果たしてどうなりますか?
ありがとうございました!


 
mas
  • -
  • -

1/1

Home

Search
Feeds

Page Top