Home

ルマン

s-ルマンIII.jpg

MOCJ(モトグッチオーナーずクラブオブジャパン)には「ルマン慧沺廚箸任盡世Δ戮方々がいらっしゃいまして、実際には後継モデルのルマン1000のオーナーのほうが多いにもかかわらず熱烈なる慧泙料阿砲呂覆爾いつもタジタジなのです。

ルマン掘△覆鵑噺世辰討發燭さんのファンを魅了するあのデザイン・存在感はさることながら、前後のモデルに比べて薄いセッティング、気持ち遠くて狭いハンドル、スタンドをおろすとフルボトムするのでは?(針小棒大ですね…)と一瞬思わせる大きな初期縮みなど、とても特徴的と言えるかもしれません。

峠では・・・・・・実は初めてルマン靴覇修鯀ったとき、すでに1000のオーナーだった私は一発めのコーナーで感じたたわみに戸惑ってしまいました。ただそれもパワーアップに伴ってフレームが強化された1000に慣れた私が不用意にコーナーに入っていったのが原因です。現にルマン轡ーナーは見事に乗りこなしてますから。

ルマン靴曲がらないなんて片付けてしまっては可哀相。

そしてこんな話をしていると「ではスタビライザとか補強すれば・・・」などとすぐに言いたがる方もいますけど・・・・・・少〜し昔の話になってしまいますが、バトルオブザツインだったか?タイムトンネルだったか?ビーエムダブリュー1機種でのエキジビジョン・レースのスタートを筑波のピットの上から見ていました。
1コーナー、S字と先頭にいた根本健さんが1ヘアピン立ち上がりからするすると業界関係者も混ざる2番手以下を離してゆくのです。何もしていないかのようなリラックスした後ろ姿で、ダンロップをくぐったあとは一人旅。
遅い速いはマシンより乗り手なんだな〜と思い知ったのを今でもよく覚えています。

取っ付きの悪いライディングポジションなどのせいで「ルマン靴篭覆らない」なんて言う方がたまにいますが、そんな方の多くも峠で慌てた私も、ライダーが「アンダー」だったわけです。(ルマン靴鮠茲蠅海覆靴討靴泙辰董一歩上へ行かれる方が曲がらないと言うのは別ですよ)

のちのルマン1000はルマン靴茲螻擇貌佑湛めるようになりました。だからといって万人が楽に乗れる後期型が良くて旧型は否、と言えないのが難しくまた面白いところです。
さきほどからルマン靴亮崑里里海箸覆匹い蹐い蹐判颪い討い泙垢、これが高速道路では独特の乗り味を醸し出します。あらかじめ敷かれたレールをトレースしているかのような直進安定性、わざとラインを外そうとしても車体だけゆらりと動いて前後のホイールは微動だにしない……ように感じさせるほどです。

冬に手が寒くないと豪語する方までいるフロントカウルの守備範囲内に身体を収めてハイスピード・クルージングに入ると、ちょっと他では感じられない一体感・安心感がたまりません。これに比べるとルマン1000は、もちろん真っ直ぐ走ってるのですがかすかにユラユラと揺れている(セルフ・ステアリングの範囲で)。ルマン慧泙粒Г気鵑見せる惚れ込みようには舌を巻きつつ、納得せざるを得ないのです。



今回はルマン靴力辰任靴燭、現在モトグッチリパラーレには程度のよいルマン靴涼羝甜屬あります。整備履歴まではっきりしているルマン靴任后
百聞は一見にしかず、ご興味のある方どうぞお越しくださいませ。



mas
  • -
  • -

1/1

Home

Search
Feeds

Page Top